動きやすくなることで「楽しい生活の基盤を作る」吉田弥生さん指導取材

HOME > オススメ記事 > 動きやすくなることで「楽しい生活の基盤を作る」吉田弥生さん指導取材

動きやすくなることで「楽しい生活の基盤を作る」吉田弥生さん指導取材

コアコントレーナーの現場での姿をレポートするシリーズ。

東海地方で活躍するコアコンのプロフェッショナルを求めて、今回は岐阜県岐阜市でフリーインストラクターとして活動する吉田弥生さんのもとへ伺いました。

岐阜県内のフィットネスクラブや、コミュニティ施設でコアコンディショニングやエアロビクスを教える吉田さん。今回は、岐阜市内のコミュニティセンターでのレッスンへお伺いし、現場指導とコアコンへの想いをインタビューしました。

※実際にレッスンで行われたエクササイズと、インタビューの詳細を動画にてご紹介しております。併せてご覧下さい。

P1400135

フィットネスクラブやコミュニティ施設でのフリーインストラクターとしての活動をする傍ら、パーソナルトレーニング指導やJCCAの講師活動など、フィットネス業界のフィールドで多岐にわたり活動をする吉田さん。

しかし、大学卒業後の進路はフィットネス業界ではなく、一般企業に就職する道を選びます。しかし、大学まで続けてきたスキーの経験を活かし、フィットネス業界へ入ることを決断します。

P1400123

「長い間スポーツをやってきたため、スポーツに携わる仕事をしたいという思いもありましたが、結果一般企業に就職しました。しかし、企業で仕事をしていくなかでもスポーツに関わりたい気持ちは変わらず、会社を退職し、大学まで続けてきたスキーの経験を活かし、スキーインストラクターとして活動をしながら、スポーツクラブでアルバイトをすることにしました。」

P1400121

現場でのコアコンディショニングの活用と魅力について質問したところ以下のように語られました。

「初めてコアコンと出会った時に、ピラティスと組み合わせて使えるかもしれないと、可能性を感じました。その当時、私自身がクライアントさんに対して、ピラティスの動きを上手く引き出せないことに悩みを抱えていたこともあり、コアコンを活用することで、ピラティスを効率的に指導することができるのではないかと手応えを感じたのです。コアコンをピラティスの前段階で活用することで、より明確に動きを伝えやすくなり、指導の幅を広げることができました。」

P1400096

話の終盤には、ご自身の未来についてお話しくださいました。

「私自身、体が楽になり動きやすくなることで、楽しい生活の基盤を作ることができると考えています。その基盤作りのお手伝いとして、エアロビクスやピラティスやコアコンなどの体づくりをおこなっていきたいと思っています。ベストは岐阜に自分でコンディショニングすることができるコアコンを普及することです。そのために指導者仲間を増やし、より多くの方にコアコンが届くように今後も普及活動に努めていきたいと思います。」

P1400114

吉田さんのクラスに参加されていた方は、全員がハーフカット上で両手両足挙上することができます。自分の体を自分でコンディショニングする、まさにコアコンの実践者でした。

楽しい生活を作るための基盤として大事なのが体が楽になり、動きやすくなること。その実現のためにコアコン普及を目標に掲げる吉田さんの今後のご活躍が楽しみです。

-trainer profile 吉田弥生 Yayoi Yoshida-

16122333_1058857497558762_787954853_o

岐阜県岐阜市を拠点に、フィットネスクラブやコミュニティセンターにてエアロビクス、ピラティス、コアコンディショニングのレッスンを行うフリーインストラクターとして活躍。現場での運動指導の傍ら、JCCA認定講師として指導者養成をおこなう。運動指導を通して地域を活性化させるべく、東海地方で多くのセミナーを開催。コアコンディショニングの普及に努める。