ストレッチポールを使用した体幹トレーニング「逆腹式呼吸」。健康やスポーツのために

HOME > オススメ記事 > ストレッチポールを使用した体幹トレーニング「逆腹式呼吸」。健康やスポーツのために

ストレッチポールを使用した体幹トレーニング「逆腹式呼吸」。健康やスポーツのために

体幹トレーニングには呼吸への意識が非常に重要です。
適切な呼吸をすることでトレーニング効果が高まるのです。
逆にいえば、呼吸をおろそかにした体幹トレーニングはあまり効果がないとも言えます。
そして、呼吸を意識した体幹トレーニングにより、さらに良質な呼吸が得られるようになるのです。

さて近年、「浅い呼吸の人」がとても増えているそうです。
健康なカラダは気にしているのに、呼吸の方まではなかなか思いがめぐらないのではないでしょうか。
“『最も大切な健康法を一つだけ挙げて』と問われたある著名な健康指導者は『呼吸法』と答えたそうです。”
これは日経新聞様のweb記事の一部です。(日経ヘルス&メディカル「深い呼吸」を身につけ不調を改善
働きもののカラダの仕組み 北村昌陽)

呼吸を通して、生物は酸素を体内に取り込み二酸化炭素を吐きだしカラダの中で酸素を循環させています。
この時、肺が機能して酸素を取り入れています。しかし、肺は臓器で筋肉ではありません。
健康な呼吸をするために、肺の周りの筋肉が呼吸を助けなければなりません。
特に重要なのが横隔膜です。
横隔膜が機能することで吸った息を入れる空間が広がり、しっかりとした呼吸をすることができます。
浅い呼吸をする方はこの横隔膜がうまく動いていない可能性があるのです。
空気の出入りが悪くなるだけで私たちは健康が維持できなくなったりしますし、精神的にも気分が乗らなくなったりと悪循環です。

適切な呼吸は、酸素の流入を増やし、血液の流れを活発にします。
また体幹部分の筋肉が活性化され、動きのために使われるようになります。
横隔膜はJCCAの提唱するインナーユニットの一部です。
インナーユニットは体幹の一部であり、体幹トレーニングでも鍛えたい部分です。
しかしながらなかなか横隔膜までは注目されていません。

この横隔膜を上手に機能させるには
体幹トレーニングの一つである「コアコンディショニング」が有効です。
呼吸機能を整えて健康なカラダを獲得しましょう。
今回紹介するエクササイズは「逆腹式呼吸」です。
このエクササイズはストレッチポールを使用する、呼吸のための体幹トレーニングです。

エクササイズ方法:
息を吸いながらお腹をへこませて行きます。
息を吐いて元の位置に戻していきましょう。
お腹を意識して息を吸いながらお腹をへこましていきましょう
これをゆっくり繰り返していきます。
30秒を目安に行いましょう。

最も大切な健康法の呼吸法。
逆腹式呼吸で鍛えましょう!
こちらからエクササイズの動画を見ることができます。

深い呼吸を体幹トレーニングで獲得し、健康な人生を過ごしましょう。